カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

店長 板津大吾

ジャグリングを仕事とする中でピザ回しと出会い、2009年に当サイトをオープンしました。ピザ回しの楽しさ、新しさをたくさんの人に広めたいです。なんでもお気軽にお尋ねください!

店長日記はこちら

2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
が定休日です。

売れ筋商品

ジャグリング用品は PM Juggling で販売中


雑誌『POPEYE』で商品が紹介されました


ジャグリング・トリック(3枚技)


ジャグリング・トリックでは、生地を3枚使った技を紹介します。3枚にもなると、もはやジャグリングの技術となり、習得にはそれなりの練習が必要です。まずはジャグリング用のボールなどで練習してから、ピザ回しのラバーで挑戦すると、習得への近道になるでしょう。世界でもめずらしい3枚技に、レッツチャレンジ!

ジャグリングの練習の参考になるサイト:
http://www.kjc-web.com/contents/special/yatte/yatte/top-ball.html

※ 解説は利き手が右手の場合で説明していますが、左右逆で練習しても問題ありません。

 

ジャグリング・トリック

1. カスケード

 

daigoitatsuさん(@daigoitatsu)が投稿した動画 -

3枚のラバーを交互に投げ続けます。カスケードとは滝という意味で、3つボールのジャグリングの最も基本的な技です。

 

2. テニス

 

daigoitatsuさん(@daigoitatsu)が投稿した動画 -

カスケードがベースですが、1枚(動画では白いラバー)を常に外側から投げるようにします。白いラバーだけが、直前に落ちてきたラバーの外側を通り、左右を行ったり来たりしています。

 

3. リバース・カスケード

 

daigoitatsuさん(@daigoitatsu)が投稿した動画 -

すべてのラバーを、直前に落ちてきたラバーの外側から投げる技です。テニスは1枚だけ外側を通しましたが、それを3枚すべて外側を通して投げるようにします。

 

4. アウターフラット・カスケード

 

daigoitatsuさん(@daigoitatsu)が投稿した動画 -

リバース・カスケードとほぼ同じ動き方ですが、生地の向きが違います。前から見て、すべての生地の面が見えるように投げます。

 

5. ワンアップ・ツーアップ

 

daigoitatsuさん(@daigoitatsu)が投稿した動画 -

1枚を投げるのと、2枚を投げるのを交互にくりかえす技です。一見複雑そうですが、実は左手(赤いラバー)は上に投げてキャッチをくりかえしているだけです。忙しいのは右手です。まずは右手だけで、片手で2枚の生地を投げ続けられるように練習するとよいでしょう。

 

終わりに


これでピザ回しのベースとなるキッズ、ベーシック、アドバンス、ダブルハンド、ジャグリング、あわせて50のトリックをすべて紹介しました。かなりのボリュームなので、ゆっくりじっくり、自分のペースで練習してください。苦手な技や行き詰った技は、思い切って飛ばしてしまうのも、楽しく練習を続けるコツです(笑) のんびり、気楽に楽しんで下さいね! 50個を完璧にマスターしようとすると、1年くらいは楽しめるのではと思います。なお、50の中に収まらなかったトリック(マスタートリック、チームプレイ、ゲームなど)も現在準備中ですので、そちらもどうぞお楽しみに!

ピザ回しの歴史はまだ始まったばかりです。今の常識にとらわれすぎず、自分のスタイルでピザ回しを開拓していってください。練習で行き詰ったときは、ピザ回しドットコムにどうぞお気軽にご相談ください。エンジョイ、ピザ回し!